教会理念

みどりのまきばキリスト教会は「信仰、希望、愛」の聖書の基本信条を基にして礼拝、宣教、伝道、教育、交わり、祈祷を忠実にしています。「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。ヨハネの福音書15:5」とありますように主イエスの中で生きる人は多くの実を結ぶことができます。​聖書のみことばを通して多くの実を結ぶことによって神に栄光を帰すことが教会の目標であります。

みどりのまきばキリスト教会は日本リバイバル同盟(NRA)の会員でありキリスト教のプロテスタント単立教会です。京都府舞鶴市に位置して日本リバイバルのために諸教会と宣教の協力をしています。韓国の長老教団との交流を通して宣教と伝道に励んでいます。

私たちは主イエスを賛美しています。主の愛に満たされて愛と喜びに満ちて礼拝しています。誰でもキリストの中にあるならその人は新しく変えられます。誰でも自由に礼拝と賛美に参加して恵まれるようにオープンチャーチをしています。音楽の才能や興味のある方は誰でも音楽と賛美に奉仕することができます。楽器など演奏も自由に奉仕することができます。どうぞ気楽にお声かけてください。

History(沿革)

みどりのまきばキリスト教会、京都府舞鶴市上安久138番地にあります。
1992年に韓国の釜山(プサン)大学キャンパス宣教会の宣教師として来日した金建太牧師が最初開拓しました。
2004年、大阪市浪速区難波で教会開拓伝道をしていた金建太宣教師が舞鶴市民プラザで開拓を始めました。開拓の切っ掛けは一人の姉妹が祈りを要請したところからでした。そこで集まった人たちが集会を要請して毎週日曜日に集まりました。金牧師は大阪と舞鶴の片道3時間の距離を日帰りで往復して開拓伝道をしました。
2005年9月4日、開拓礼拝をして正式に教会として発足しました。賛美と祈り、そしてパワフルなメッセージで集会はいつも喜び溢れました。​
それから2007年に念願の会堂が立てられました。その後京都府の宗教法人も取得しました。現在、キリストを賛美して聖霊のご臨在の礼拝をしています。
​2018年10月8日は太田祐作牧師(関西聖書学院長)を講師として招き、記念礼拝を行ないました。
2019年10月14日は創立14周年を迎えて大久保みどり牧師(主イエスキリスト教会主幹牧師、日本リバイバル同盟事務局長)を招いて記念礼拝を行ないました。