検索
  • みどりのまきばキリスト教会

イスラエルの家はマナと名付けられた

2020年が明けました。新年は主と共に歩み、主の中で留まって霊的な果実を豊かに結ぶ年となりたいです。イエス様は道であり真理であり命であります。だからイエス様についていけば御国への道、祝福への道に歩むことができます。イエス様を通してでなければ父の御もとにいくことができないと言われました。父のみもと、即ち神の御国はイエス様によって行くことができます。神の御国は命と平安な国です。今年はイエス様によって平安と命の溢れる生活を営むように願っています。

毎朝、早天の祈祷をしています。聖徒たちにもその日の聖書箇所や聖句などを通して主の御言葉を与えています。やはり、一番恵まれるのは私自分だと思います。与える人には与えられます。

朝、目が覚めたら主の御言葉に目を開き、その日に与えて下さる主の声に耳を傾けて、主の御心を知りたいですね。


申 8:3 「それで主はあなたを苦しめ、飢えさせて、あなたも知らず、あなたの父祖たちも知らなかったマナを食べさせてくださった。それは、人はパンだけで生きるのではなく、人は【主】の御口から出るすべてのことばで生きるということを、あなたに分からせるためであった。」





0回の閲覧

© 2020 by Midorinomakiba christ church in Maizuru city, Kyoto.