検索
  • みどりのまきばキリスト教会

2020.1.23. 今日のマナ(神の国の奥義)

最終更新: 1月24日

おはようございます。今日の聖書はマルコの福音書4章です。

イエス様は神の国の奥義について弟子たちに教えてくださいました。

イエス様は例えを通して神の国を話してくださいます。それは肉の世界で生きている人が霊の世界の神の国について理解することが難しいからですが、霊は霊で悟るからです。

神の国を求める人は誰も悟ることができます。神の国の奥義は、求める者には与えられ、探すものは見つかるのです。「

4:25 持っている人は、さらに与えられ、持たない人は、持っているものまでも取り上げられてしまいます。」

今日も信仰と希望をもって勝利しましょう。朝を神の御言葉と祈りでスタートする祝福を祈ります。人生の激しい嵐でも静まらせるイエス様を信じて祈ります。

弟子たちが非常に恐れて互いに言いました。

「風や湖までが言うことをきくとは、いったいこの方はどういう方なのだろう。」

一日が矢のように早く過ぎます。神の国を忘れず心に主の平安と喜びがありますように祝福します。

今日の聖句

第一テモテの手紙6章6節から7節「 しかし、満ち足りる心を伴う敬虔こそ、大きな利益を受ける道です。私たちは何一つこの世に持って来なかったし、また何一つ持って出ることもできません。」


4回の閲覧

© 2019 by Midorinomakiba christ church in Maizuru city, Kyoto.