検索
  • みどりのまきばキリスト教会

今日のマナ(2020.2.4.火)マルコの福音書14章

おはようございます。今日はマルコの福音書14章を読んでみましょう。

14章はじっくり読んでみるとイエス様の心がどれほど重いかを感じることができます。神の時が近づいたことを知っておられるイエス様は弟子たちに最後の晩餐を用意させます。しかし、弟子の一人がご自分を裏切ることを知っていました。そして聖書で預言されているように弟子たちは散り散りと去っていくでしょう。しかし、すべてが聖書が成就されるためでした。キリストが苦しみを受けた後にご自分の栄光に入られることが神の御心なのです。

私たちも人生が自分の思うとおりに進まなくても主の御心が何かを求めて、主の御心に従っていきます。そうすれば、神様はその人を必ず御心によって栄光を受けるでしょう。

イエスキリストを信じる人はキリストの受けた苦しみを知ることから、初めて主の御心も悟るのです。イエス様は弟子たちに前もって教えてくださいました。特にペテロには3度の裏切りまで預言してくださいました。イエス様は過去と現在そして未来のことまでご存知である方です。そして弟子たちに神の国と福音をお願いするのです。イエス様の切なる心を感じてみましょう。

第一ペテロ 2:9 しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです。

17回の閲覧

© 2019 by Midorinomakiba christ church in Maizuru city, Kyoto.